投資にも使われる金

複数の業者から見積もりを取ることが大切

ショッピングセンターなどに「貴金属買取します」と大きな看板を見かけた人も多いのではないでしょうか。現代金の価値は上がり、1990年代に購入したアクセサリーを金買取に出したら購入したときよりも高く買い取られたという人もいます。1999年の金相場はgで1000円ぐらいまで下がっていたためです。 金買取でできるだけ高く買い取ってもらうためには複数の金買取の業者から見積もりを取ることが重要となってきます。買い取ってもらう品物によっては数万円の差が出てくることもあります。ちょっとした手間を惜しまなければ1万円多く手に入れることができるのかもしれません。1万円手に入れるためには時給1000円のアルバイトであれば10時間しなければいけません。1時間手間をかけたとしても時給1万円の仕事をしたこととなるのです。後悔しないためにも複数の金買取業者から見積もりを取り最も高く買取をしてくれる業者を選びましょう。

g単位の金額に惑わされないように注意が必要

金買取を行っている業者はホームページを出していることも多いのでおおよその金額をホームページなどで調べることができます。その時gあたりの金買取の値段だけに注目してはいけません。いくらg単位の金買取の値段が高くても売却する場合に手数料がかかる業者もあります。Aという業者で20万円で買い取ってもらうことになっても手数料が20%かかった場合は20万円から手数料4万円が引かれ手元に残るのは16万円となります。手数料なしのBならば17万円の見積もりであった場合Bで売却したほうが1万円得することになります。 また、金買取はg単位で行うことが多いです。その時、溶解し再加工する際に目減りするために実際の重量の90%で買取の金額を計算する業者もあります。1g当たりの金額だけに惑わされないことが金を高く売るコツです。